初勝利のDeNA大貫、目標は楽天・岸 スラリとした体形もそっくり

[ 2019年4月12日 08:27 ]

セ・リーグ   DeNA5―2阪神 ( 2019年4月11日    甲子園 )

力投する大貫(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 1メートル81、73キロのスラリとした体形のDeNA・大貫。「高校の時から似ていると言われることが多く、よく見て参考にしていました」というのが同じ右腕の楽天・岸だ。

 1メートル80、77キロと細身ながら通算8度の2桁勝利をマーク。大貫が参考にするのは(1)スピンの利いた直球(2)変化球とのコンビネーション(3)コーナーに投げ分ける制球力。「投手として優れた能力を持っているので全体的に勉強したい」と目標の投手に挙げている。

 チームの新人では唯一の社会人出身。即戦力として時間がないことも分かっている。「1年目から頭ひとつ抜け出して自分の地位を確立しないと厳しい。スタートダッシュを切りたい」。そう誓ったプロ野球生活。2度目の先発でプロ初勝利は、チームの新人で最初に手に入れた白星となった。(DeNA担当・町田 利衣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月12日のニュース