泥沼4連敗中…広島が打順を組み替え 「タナキクノマ」解体、打撃不振の田中は8番へ

[ 2019年4月12日 17:55 ]

セ・リーグ   広島―DeNA ( 2019年4月12日    横浜 )

 DeNA―広島戦(横浜)の先発メンバーが午後6時の試合開始に先立って発表され、4連敗で最下位に低迷するリーグ3連覇中の広島は大幅に打順を組み替えた。

 1番・田中、2番・菊池涼、3番・野間の「タナキクノマ」を解体し、打率・191と打撃不振の田中を8番へ、野間を1番へ配置転換。クリーンアップは3番・バティスタ、4番・鈴木、5番・松山となった。

 4連覇を目指す今季の広島だが、開幕から12試合を終えてここまで3勝9敗でセ・リーグ最下位に低迷。4連敗中の内容も4試合で計6得点に対し、40失点と投打ともに“壊滅状態”に陥っているが、昨季最多勝のタイトルを獲得したエース大瀬良を先発に立て、リフレッシュした打線で敵地での試合に臨む。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月12日のニュース