ヤクルト青木、同郷後輩の寺原を援護 単独首位に「自信持てるようになってきた」

[ 2019年4月12日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト6―2広島 ( 2019年4月11日    マツダ )

2回無死満塁、青木は中前に適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・青木が同じ宮崎県出身の後輩である寺原を援護した。2回の適時打を含む2安打で勝利に貢献。試合後のロッカールームではナインとともに大声で祝福し「よく粘っていた」と喜んだ。

 広島に3連勝して単独首位に立ち、「チームが自信を持てるようになってきた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月12日のニュース