阪神・岩崎が1軍昇格 貴重な救援左腕 今春から先発調整も

[ 2019年4月12日 09:36 ]

阪神・岩崎(撮影・田中 健作)
Photo By スポニチ

 阪神・岩崎が中継ぎとして12日から1軍昇格することが分かった。春季キャンプから先発調整も1軍の要望もあって急きょブルペン陣に加わることになった。

 今春は16年以来の先発調整で過ごし、3月下旬に左肘張りから回復した後も先発候補として実戦を重ねてきた。7日の同ソフトバンク戦では5回無失点の好結果を出したばかり。状態を上げてきた中、再度の配置転換で合流が決まった。

 現状で1軍の救援左腕は2人。5月で40歳を迎える能見は必勝継投の一翼を担う一方、島本は昨季の1軍登板が1試合だけと経験が浅い。昨季まで2年連続で60試合以上に投げた岩崎は複数イニングも担えるだけに心強い。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月12日のニュース