巨人“天敵”ライアンを攻略!ビヤヌエバに代打・阿部 原采配が的中

[ 2019年4月12日 19:51 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2019年4月12日    東京D )

5回2死満塁、代打・阿部(左)は右翼線適時二塁打を打ち、ベンチで原監督とハイタッチをかわす (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人・原監督は4―1とリードした5回2死満塁の場面で、ビヤヌエバに代えて阿部を代打で起用する積極采配。ここで阿部が右翼線へ2点適時二塁打を放ち、6―1とリードを広げた。

 坂本勇の適時二塁打で1点を追加したこの回、なおも2死満塁の好機。原監督はここが勝負所と見たのか、ここまで2打席凡退のビヤヌエバをベンチに下げ、阿部を代打に起用。阿部は期待に応え、右翼線へ痛烈な適時二塁打を放ち「打ったのはチェンジアップ。(チャンスで打てて)よかった」とコメントした。

 指揮官の積極采配が的中し、リードを5点差に。16年4月から8連敗中と苦手にしている小川の攻略に成功した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月12日のニュース