東洋大5点差逆転勝ち点1 プロ3人の穴を打力でカバー

[ 2019年4月12日 05:30 ]

東都大学野球   東洋大6―5中大 ( 2019年4月11日    神宮 )

中大に勝利し、ガッツポーズの東洋大・佐藤都(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 2回戦1試合、3回戦1試合が行われた。東洋大は中大に6―5で連勝し、勝ち点1を挙げた。2回までに5点を先行される展開にも、今秋ドラフト上位候補・佐藤都志也捕手(4年)の2安打1打点の活躍などで逆転した。亜大は駒大を4―3で下し、2勝1敗として勝ち点1とした。

 東洋大は打線がつながり、5点差を逆転した。3回2死一塁で3番・小川から4連打で4得点。この回2点目となる中前適時打を放った佐藤都は「点差がついてもどれだけ食らいつけるかが、チームのテーマ」と胸を張った。

 7回に同点の右越えソロを放った山田も「振り負けないことだけを考えて打てた」と手応え。8回は押し出し死球による決勝点だったが、上茶谷(DeNA)、甲斐野(ソフトバンク)、梅津(中日)の150キロトリオが卒業した穴を打力で挽回した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月12日のニュース