ダル5失点も制球に収穫「メンタル的にも技術的にも良かった」

[ 2019年4月12日 02:30 ]

ナ・リーグ   カブス2―5パイレーツ ( 2019年4月10日    シカゴ )

パイレーツ戦に先発し、5回1/3を5失点で2敗目を喫したカブスのダルビッシュ
Photo By 共同

 今季初勝利を目指したカブスのダルビッシュは5回1/3を投げて5失点(自責4)で2敗目を喫した。それでも、課題の制球は改善し「何よりも四球がなかったので良かった。メンタル的にも技術的にも良かった」。左肩が入り過ぎ、前かがみになっていた投球フォームを修正したことが功を奏した。

 初回と3回に本塁打で失点したが粘りの投球。「信頼を得られるようになれば(長いイニングを)投げさせてくれると思う」と力を込めた。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月12日のニュース