ロッテ・高野、2軍戦で頭部に打球直撃…頭部打撲と診断、脳、骨には異常なし

[ 2019年4月12日 16:19 ]

頭部にライナーが直撃し倒れるロッテ・高野
Photo By スポニチ

 ロッテの高野圭佑投手(27)が試合中、ライナーを頭部に受け救急車で緊急搬送された。鎌ケ谷市内の病院で検査、治療を受けた結果、頭部打撲と診断された。脳、骨には異常がなかった。

 千葉・鎌ケ谷で行われたイースタン・リーグの日本ハム戦。2回無死二、三塁の8番・白村明弘外野手(27)の打席だった。2ストライクと追い込んでから、投じた3球目の変化球が高めに浮き、それを打った白村の強い打球が、高野の額付近に直撃した。

 そのまま高野は倒れて、起き上がることができず。球団スタッフに抱えられて担架で運ばれて、その後、救急車で緊急搬送された。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月12日のニュース