ソフトB上林、天敵・加藤撃ち「ビックリして手を出した」

[ 2019年4月12日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―2日本ハム ( 2019年4月11日    ヤフオクD )

4回2死満塁、右前2点適時打を放つ上林(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・上林が天敵・加藤を攻略し一夜で楽天と並んでの首位に返り咲いた。4回2死満塁、フォークを右前にはじき返す先制の2点適時打。「スライダーを待っていて、ビックリして手を出した。チャンスで打てて良かった」。左腕から通算14打席目での初安打が勝利を導いた。

 左膝裏の肉離れで柳田が不在。工藤監督は「頑張ってもらわないといけない選手。期待は120%している」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月12日のニュース