亜大、残り3分で劇的サヨナラ 計14四死球の驚異的粘り

[ 2019年4月12日 05:30 ]

東都大学野球   亜大4―3駒大 ( 2019年4月11日    神宮 )

サヨナラに沸く亜大ナイン
Photo By スポニチ

 亜大は残り3分でのサヨナラ劇だ。今季から大会規定で、延長で試合時間が3時間半を超えれば、新たなイニングに突入しない。3時間27分で迎えた10回2死満塁で、中村がサヨナラ四球を選んだ。

 打線全体で計14四死球を選ぶ粘り強さを発揮して劇的な勝利。3安打2打点の比嘉は「去年は(オリックスのドラフト2位)頓宮さんがいたので、得点圏に進めば還してくれた。今年は全員でつなぐことだけ考えている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月12日のニュース