阪神・青柳、連続被弾の直前悔やむ「フォアボールが一番ダメ」

[ 2019年4月4日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3―6巨人 ( 2019年4月3日    東京D )

3回2死、岡本に中越えソロを打たれる青柳(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 阪神・青柳はハイレベルな打撃に屈した。今季初先発で丸、岡本に連続被弾し、5回4失点で敗戦投手になった。

 「ピンチの場面で粘ることができず先制点を与えてしまい、先発としての役割を果たすことができなかった」

 悔やまれるのは3回だけだ。2死三塁から坂本勇へのに四球で一、三塁。続く丸にカウント1―2からの低め141キロを右中間席まで運ばれた。直後の岡本には初球を仕留められてバックスクリーン右へ。瞬く間に4点を失った。

 丸は見逃せばボールであろう直球、岡本には内角寄りのツーシームを痛打された。決して「失投」と呼べるボールではない。反省したのは直前の坂本勇に四球を与えた場面で、「ヒットでも1点。ランナーをためるフォアボールが一番ダメだった」と自戒を込めた。

 プロ4年目で初めてつかんだ開幕ローテーションの一角としての初陣。3回を除けば、計2安打無四球の快投を演じ、あの回の悔しさが際立った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月4日のニュース