DeNA・佐野が代打満塁弾!今季開幕から代打で打率10割

[ 2019年4月4日 20:50 ]

セ・リーグ   ヤクルト―DeNA ( 2019年4月4日    神宮 )

7回2死満塁、代打・佐野が中越えに満塁ホームランを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 また打った。DeNA・佐野恵太内野手が今季1号満塁本塁打を放った。

 4―4の7回。先頭のソトが中越えソロを放って1点を勝ち越し、なおも2死満塁の好機に代打で登場した。初球147キロ直球を強振。打球はバックスクリーンへと吸い込まれた。「チャンスの場面だったので、思い切って積極的にいきました。自分のスイングで完璧に捉えることができました」とうなずいた。

 これで今季は全て代打で4打数4安打。3月31日の中日戦では9回にサヨナラ安打を放っていた。勝負強い「打率10割男」がまたしても大仕事をやってのけた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月4日のニュース