阪神・浜地 プロ初登板で4回6失点…岡本、坂本に被弾「野手の方に申し訳ない」

[ 2019年4月4日 20:10 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2019年4月4日    東京D )

<巨・神>4回2死一、二塁、坂本勇の左中間3ランを浴びた浜地(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 高卒3年目で迎える待望のデビュー戦で洗礼を浴びた。阪神の先発・浜地は初回2死一塁から巨人の4番・岡本に左中間へ先制の2ランを被弾。外のスライダーをいとも簡単に放り込まれた。直前の打席で丸をフォークで見逃し三振に仕留めたが、重量打線にのみ込まれた形だ。

 続く亀井、ゲレーロに連打を浴びて一、三塁のピンチを招くと、重盗で3点目を失った。初登板初先発初勝利を巨人戦で飾れば球団史上初の快挙だが、いきなり重すぎる3点を背負った。4回には坂本に左中間へ3ランを放り込まれるなど4回を被安打9の6失点と精彩を欠いた。

 浜地は「(初登板で)多少の緊張はありましたが、それ以前に自分の力を出し切ることができず、悔しさの残る登板になってしまいました。初回の失点だけでなんとか粘りたかったのですが、先発の役割を果たすことができず、野手の方々に申し訳ないです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月4日のニュース