西武・中村、満塁一掃打 恐怖の8番「やることは変わらない」

[ 2019年4月4日 05:30 ]

パ・リーグ   西武9―3ロッテ ( 2019年4月3日    メットライフD )

5回2死満塁、走者一掃の中適時二塁打を放った中村(左)はチームメートに出迎えられる(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 二塁ベース上で西武・中村は静かにうなずいた。走者一掃の3点二塁打を放っても表情は変えない。もちろん、心の中は違う。「2点差は何があるか分からない。いいところで打てた」。5―3の5回2死満塁。酒居に2―2と追い込まれたが「食らいつくというより、打てるゾーンに来たら打とう」。141キロ直球を捉えた打球が右中間を破った。

 ベテランは、目先の結果に一喜一憂しない。2点を先取した初回は2死満塁で三ゴロに倒れたが、「そんなことは忘れました」と切り替えるのが「おかわり流」だ。7回2死二塁では、あと少しで本塁打という左越え適時打。1試合4打点は昨年8月8日のオリックス戦以来となった。

 通算386本塁打を誇り、昨季まで5年連続20発。本塁打王6度のかつての4番打者が8番に座るのが、今季の獅子おどし打線の強みだ。まさに「恐怖の8番」だが「やることは何番を打とうが変わらない。良い打者がそろっているので、8番でもチャンスが回ってくる」。試合前にはロッテ・藤原にあいさつされて談笑。大阪桐蔭の後輩が2歳だった02年には、中村はすでにプロの世界にいた。刻まれた年輪が違う。

 チームは今季初の先発全員安打。開幕3連敗も辻監督が「メットライフから開幕の気持ちで」と話したように、本拠地に戻って2日連続2桁安打で連勝を飾った。昨季打点王の浅村がFA移籍をしても強力打線は健在。その象徴が「8番・中村」だ。 (武本 万里絵)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月4日のニュース