巨人・丸2戦連発 「後ろに和真がいる」負担軽減で本領発揮

[ 2019年4月4日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―3阪神 ( 2019年4月3日    東京D )

3回2死一、三塁、丸が右越えに3ランを放ちベンチを指さす(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 岡本の前には丸がいる。3回2死一、三塁。「追い込まれていたので食らいついていった。うまくバットに乗ってくれた」。見逃せばボールの内角低めツーシームを右中間席へ突き刺した。2試合連続となる2号先制3ランで岡本につないだ。

 弾丸ライナーの軌道に、原監督も「野球人として見ても凄い弾道」とうなった。丸は4番・岡本を「非常に勝負強い打者」と絶賛。「後ろに和真がいる。絶対に僕が決めなければいけないとは思っていない」と打線で相手に向かっている。

 3安打で4出塁。広島3連戦では1安打だったが、打率も.375まで上昇させた。「いいバッターがたくさんいる。助け合っていければと思います」。本来の輝きを取り戻した丸の存在は、頼もしい。 (川手 達矢)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月4日のニュース