日本高野連・八田会長が講評「複数投手制の考えが浸透、意義ある大会」

[ 2019年4月4日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会決勝   東邦6―0習志野 ( 2019年4月3日    甲子園 )

 球数制限の導入議論が起こる中、今大会は継投で勝ち上がるチームが多かった。八田英二・日本高野連会長は閉会式の講評で「私たちの提唱する複数投手制の考え方が浸透していれば、とてもうれしく思う。新しい令和の時代につながる大会になった」とした。また、竹中雅彦事務局長も「複数投手制を進める中で意義ある大会になった」と振り返った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月4日のニュース