輝星、黒星も「今までより安定」初先発で3回1失点

[ 2019年4月4日 05:30 ]

イースタン   日本ハム0―2巨人 ( 2019年4月3日    鎌ケ谷 )

イースタンリーグの巨人戦で初先発し3回4安打1失点の吉田輝
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝が、イースタン・リーグの巨人戦で初先発し、毎回の4三振を奪う3回4安打1失点と好投した。公式戦3戦目での先発デビュー。プロ初黒星を喫したが、「今までより安定した投球ができた」と胸を張った。

 この日は最速146キロ。「変化球はまだカウントが取れない。まずは直球」と全49球中、変化球は5球のみだ。また、4三振中3個は高めの直球で奪い「高めを振ってもらえるくらいの球がいきはじめている」と語った。

 ただ、納得できるレベルではない。3回にはマルティネスに内角144キロ直球をバットを折りながら右前に運ばれた。「バットを折ったので普通は弱い二ゴロ。全開の威力ではないとうこと」。6月7~9日の阪神戦(甲子園)で1軍登板のプランもある中で「まだ球威も、制球も求めている直球じゃない。(昨夏準優勝した)甲子園の時よりも全然良い球が投げられるはず」。聖地凱旋に備え、持ち味を磨く。 (武田 勇美)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月4日のニュース