東邦・吉納 勢い付けた初回タイムリー3塁打

[ 2019年4月4日 05:30 ]

第91回選抜高校野球大会決勝   東邦6―0習志野 ( 2019年4月3日    甲子園 )

<東邦・習志野>初回2死一塁、右翼線に適時三塁打を放つ吉納(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 準決勝の明石商戦で決勝3ランを放った東邦の2年生、吉納が、初回に石川の2ランで先制し、なおも2死一塁で右翼線に適時三塁打を放った。「(右方向は)狙ってはいなかったが勢いを付けられて良かった」と話した。

 明石商戦で右手親指を骨折した中堅手の河合から打撃手袋や肘当てを提供してもらっての快打。一塁コーチを務めた河合から「ナイスバッティング!」と声を掛けられると、満面の笑みが広がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月4日のニュース