大谷打者復帰にコザート太鼓判「何の問題もない」11年にトミー・ジョン手術

[ 2019年2月16日 02:30 ]

エンゼルス・春季キャンプ ( 2019年2月14日 )

室内練習場から出る大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 レッズ時代の11年8月に利き腕ではない左肘のトミー・ジョン手術を受けたエンゼルスのコザートが、大谷の打者復帰に太鼓判を押した。

 翌12年の開幕戦に遊撃手として出場しており「簡単な手術で打撃において何の問題もなかった」と強調。昨年に大谷に経験談などを話したことを明かし「ショーウィー(大谷の愛称)が打線にいる、いないでは大きく違う。彼は若いから大丈夫。復帰を楽しみにしている」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月16日のニュース