西武・内海、打者立たせブルペン 実戦へ「徐々に」

[ 2019年2月16日 05:30 ]

西武・春季キャンプ ( 2019年2月15日 )

ブルペン投球を終えて中田(右)と話す内海(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・内海がブルペンで88球を投げた。途中、栗山を左打席に迎えて8球投じるなど、77球は打者役を打席に立たせての投球。最後は打者4人分をカウントを想定して投じた。

 12日はフリー打撃に登板しており「徐々にですね」と実戦に向けて順調な様子。16、17日の紅白戦は登板予定はないが、着実に調整のペースを上げている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月16日のニュース