雄星、MLB球に手応え スライダーの握り居残り練習で微調整

[ 2019年2月16日 02:30 ]

マリナーズ・春季キャンプ ( 2019年2月14日 )

キャッチボールするマリナーズ・菊池
Photo By 共同

 マリナーズの菊池が全体練習後、居残りでキャッチボールを「おかわり」した。「今日のテーマはスライダーだった」と説明。前日のキャンプ初ブルペンで「思うように曲がりきらない。アジャストする必要がある」と課題を吐露していた左腕は、座ったジャスティン・ノバック通訳を相手に平地でスライダー中心に48球を投げた。

 微調整を繰り返しているといい「今日は良かった。スピンが弱かったので、スピンをかけるような握りを探している」と納得の表情。メジャー球への適応へ「トライアル・アンド・エラー(試行錯誤)を繰り返しながらやるしかない。必要な過程」と、反復練習の必要性を説いた。(ピオリア・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月16日のニュース