輝星「甘かった」豪快弾浴びるホロ苦デビューに悔しさあらわ…柿木との投げ合いは「楽しかった」

[ 2019年2月16日 14:30 ]

紅白戦 ( 2019年2月16日    沖縄・国頭 )

<日ハム紅白戦>初回1死、大田(右)に本塁打を浴びる吉田輝(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・吉田輝星投手(18)が16日、沖縄・国頭で行われた1、2軍合同の紅白戦に白組の先発として登板。大田泰示外野手(28)にプロの洗礼となる本塁打を浴びた。ドラ1対決で注目を集めた清宮幸太郎内野手(19)との対戦はニゴロに抑えた。

 満員の観客の拍手に迎えられて1回表のマウンドに立った吉田。先頭の西川を2球であっさり追い込むと、直球で押し込み二ゴロに抑えた。ところが、続く、2番・大田には真ん中の直球をバックスクリーンに運ばれ、プロの洗礼を浴びた。3番の清宮とのドラ1対決はニゴロに抑えた。2死から連続四球を与えるなど、結局、1回1失点2四球の“ホロ苦”のデビュー戦となった。

 「球自体は良かった」と投球を振り返ったが、大田への痛恨の1球は「甘かった」と悔しさをあらわに。「一球、一球応援してもらえてうれしかったです。今日出た課題をしっかり克服して、(次回は)細かいコントロールを意識して投げられれば」と課題を口にした。

 また、紅組の先発・柿木蓮投手(18)は三者凡退と上々のデビュー。昨夏の甲子園決勝の再現となった先発対決に再び敗れたが、「(柿木との投げ合いは)想像通り楽しかったです」と笑顔をみせていた。

 ▼柿木の話 すごく緊張しました。ストライク先行でいけたことは次につながる。3人で抑えたけど、簡単には空振りをとれず、これから真っすぐをもっと伸ばしていかないと上(1軍)のバッターは抑えられないと感じた。これから輝星とファイターズを背負える存在になりたい。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月16日のニュース