楽天ドラ6・渡辺佳“プロ1号” 平石監督「実戦向き」 祖父は元横浜高監督

[ 2019年2月16日 14:28 ]

練習試合   楽天―ロッテ ( 2019年2月16日    金武 )

楽天・渡辺佳
Photo By スポニチ

 楽天のドラフト6位の渡辺佳(明大)が16日、ロッテとの練習試合(金武)で、プロ初アーチを放った。

 「9番・二塁」で先発出場。0―4の6回1死無走者の場面で、フルカウントからロッテ・田中の138キロのスライダーを右翼席に運んだ。祖父は元横浜高監督の渡辺元智氏。9日まで行われた沖縄・久米島キャンプでは、平石監督は野手のMVPに挙げ「打撃は自分の特徴を良く理解している。想像していたより実戦向き」と高く評価していた。初安打が本塁打となった渡辺佳は、目標の開幕1軍入りへアピールを続けていく。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月16日のニュース