巨人 新打線いきなり機能!2番・丸が先制二塁打、初球で初安打初打点マーク

[ 2019年2月16日 13:21 ]

練習試合 巨人―韓国サムスン ( 2019年2月16日    沖縄セルラー )

<巨人・サムスン練習試合>1回無死三塁、丸は先制タイムリーを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の新打線が16日、いきなり機能した。韓国サムスンとの練習試合。1番・吉川尚が右中間フェンス直撃の三塁打で出塁すると、2番で起用された丸が初球を鋭くスイングし、一塁線に先制の適時二塁打。移籍後初の対外試合だったが、初球で初安打初打点を記録。

 原監督が理想とする攻撃的打線の象徴として2番に入り、わずか3球で先制点をもぎとると「チャンスだったので積極的にいきました。先制点が取れて良かった」と2年連続MVP男がバットで応えた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年2月16日のニュース