巨人 育成・坂本工 16日サムスン戦登板へ「自分のピッチングに集中」

[ 2019年2月16日 08:30 ]

巨人・春季キャンプ ( 2019年2月15日 )

投内連携で投球する背番号006の坂本工(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の育成右腕・坂本工が16日、練習試合のサムスン戦に登板する。宮崎キャンプでの紅白戦で結果を残し、沖縄キャンプから1軍に合流。「凄く大事な試合だけどあまり結果ばかり意識しすぎても良くないと思う。自分のピッチングに集中したい」と意気込んだ。

 15日にはブルペンに入った。投球のタイミングやリズムの確認をしながら約20球を投げ込んだ。「真っすぐの強さをしっかり出せるように。内角を突けるのが自分の特徴。それをしっかり出したい」。練習試合では2〜3イニング投げる予定。目標の支配下登録に向けてアピールを続けていく。(岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月16日のニュース