槙原氏が見た巨人・岩隈 バランス凄くいい!今後は実戦こだわらず状態優先を

[ 2019年2月16日 08:15 ]

巨人・春季キャンプ ( 2019年2月15日 )

宮本コーチ(右)が見守る中、今キャンプ初のブルペン入りした岩隈(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 【槙原寛己 CHECK!】下半身と肩の不安はだいぶ解消されているようだ。今キャンプ初ブルペンの岩隈。バランスが凄くよかった。

 まだインパクトの瞬間、最後にビュッと切る感じはないが、肘が前に出て腕が弓のようにしなっているから球の回転がよく、伸びる。時折交ぜるチェンジアップも真っすぐと見分けがつかないくらい腕が振れていた。

 元々球威で抑える投手じゃない。球を低めに集めて打ち取るタイプだけに、バランスが重要になる。岩隈自身「自分のイメージ通り投げられました」と話していたけど、本人の感覚が一番大事。段階は確実に一つ上がった。

 今後はブルペンを重ねて打者相手に投げていくことになるが、実績のある投手だから実戦登板にこだわる必要はない。わざと遅らせたりはできないだろうが、じっくり万全の状態に持っていくのを優先すべき。

 開幕に間に合わなくても、チームの台所事情が苦しくなった時に出てこられたらいいと思う。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月16日のニュース