輝星&柿木VS清宮&王柏融 1・2軍合同紅白戦で栗山監督“演出”

[ 2019年2月16日 06:10 ]

日本ハム・春季キャンプ ( 2019年2月15日 )

打撃練習で汗を流す清宮(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本ハムの栗山監督が、16日の1・2軍合同の紅白戦へさらなる演出を仕掛けた。先発投手は昨夏甲子園決勝の再現となるドラフト1位・吉田輝(金足農)と同5位・柿木(大阪桐蔭)の投げ合いとなるが、それぞれ対戦する打者に2年目の大砲・清宮と台湾の至宝・王柏融(ワンボーロン)を指名。2投手はともに1イニング限定の登板のため、確実に対戦できる3番に2人を置いて対決を盛り上げる。

 清宮との新旧ドラフト1位対決が決まった吉田輝は「(清宮は)左打者なので右投手からしたら内角をどれだけ攻められるか。当てちゃだめですけど、当てるくらい際どくいきたい」と宣戦布告。対する清宮も「これからなかなか対戦することもないので貴重な機会で楽しみ。(球筋も)見ておきたい」と対戦を待ちわびた。(東尾 洋樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月16日のニュース