広島 大瀬良 実戦モード「疲労感はあるが…良かった」

[ 2019年2月16日 05:30 ]

広島・春季キャンプ ( 2019年2月15日 )

シート打撃に登板し軽快な動きを見せる大瀬良(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・大瀬良が実戦モードのスイッチを入れた。ブルペンではセットポジションを中心に130球の投球練習。「疲労感はあるが、球数多く投げられたので良かった」。フォーム固めをテーマに暖かい沖縄の気候にも後押しされて投げ込んだ。

 室内で守備、けん制、バント練習後は今キャンプ初の打撃練習も実施。「宮崎では打ってなかったので暖かいところで打とうと決めていた」。黙々とバットを振り続け、約40分間もの本格的な打ち込みとなり、「長い時間打ったのは初めて」と汗をぬぐった。

 沖縄では実戦が主となってくるだけに「いい形でパフォーマンスができて、結果も残せれば…」とジョンソンとの開幕投手争いへギアを一段上げた。

 ≪高橋昂手術、今季絶望≫広島は15日、高橋昂也投手(20)が14日に「左肘関節内側側副じん帯再建術・尺骨神経剥離術」を受けたと発表した。花咲徳栄から16年にドラフト2位で入団した左腕。プロ初勝利を挙げた昨季から患部に違和感があったという。松原慶直チーフトレーナーは「今季中の復帰はないです。来シーズンから戦える状態には今からやればできる。最良の判断」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年2月16日のニュース