ヤクルト高梨 移籍後初の対外試合へ「変化球の精度求める」

[ 2019年2月16日 05:30 ]

ヤクルト・春季キャンプ ( 2019年2月15日 )

キャッチボールする高梨(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・高梨が16日のDeNA戦に登板する。日本ハムから新加入した右腕は「変化球の精度を求めてやりたい」と課題を口にした。

 15日はブルペンには入らず、強めのキャッチボールで投球フォームを確認。DeNAとは交流戦での対戦経験があるため、「雰囲気は知っている。自分の良さを出したい」と、移籍後初の対外試合先発で結果を求める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月16日のニュース