巨人・菅野、ブルペンで順調60球 スライダーに手応え「曲がりいい」

[ 2019年2月16日 05:30 ]

巨人・春季キャンプ ( 2019年2月15日 )

ブルペンで投げ込む菅野。左は宮本コーチ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・菅野が15日、ブルペン入りで順調さを見せた。直球にカーブ、スライダー、ワンシームと多彩な変化球も織り交ぜ、約60球を投げこんだ。「スライダーは曲がりもいいしコントロールもできている。打者と対戦して打者が打つという動作があるとき、リリースポイントがどうなるか」。

 17日には今季初めてのシート打撃に登板予定。立ち投げを含めると、今キャンプ9度目のブルペンでも笑顔がこぼれるなど状態の良さをキープ。2年連続沢村賞右腕はどこまでも成長を続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月16日のニュース