大谷、フェースガード付き新ヘルメット注文 昨年は1打席だけ着用

[ 2019年2月16日 02:30 ]

エンゼルス・春季キャンプ ( 2019年2月14日 )

室内練習場へ向かう大谷(中央)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷が2020年シーズンに向け、フェースガード付きの新ヘルメットを注文した。昨年9月に1打席だけ着用したが、それ以降は通常のヘルメットを着用していた。

 国内でも巨人・丸ら多数の選手が顔面保護のため愛用。この日、全選手の注文を受けたローリングス社の担当者は「大谷選手は3段階で真ん中の大きさのフェースガードを選んだ」と説明。打者に専念する今季中に着用する可能性も含め、注目が集まる。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年2月16日のニュース