楽天・浅村20日新天地デビューへ 自己流メニューで仕上がり自信

[ 2019年2月16日 05:30 ]

楽天・春季キャンプ ( 2019年2月15日 )

楽天・浅村(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 西武からFAで加入した楽天・浅村が、20日にも「新天地デビュー」する。日本ハムとの練習試合(金武)が予定されており「多分、そこ(20日)で出ます。2打席ぐらい?そうですね」と自身の実戦プランを明かした。

 西武に在籍した18年と変わらない順調さだ。昨年の初実戦は2月17日の紅白戦。6イニングにフル出場して3打数1安打だった。楽天での今キャンプではシート打撃、紅白戦が実施されなかったため、昨年と同時期の日本ハム戦に照準を合わせた。

 日々の練習では、西武時代から変わらぬ「浅村流」のメニューであるロングティーに汗を流す。「体全体を使うには一番いい練習なので」と、持ち味のフルスイングで下半身を中心にじっくりと体をつくり上げてきた。オープン戦には23日の開幕(対巨人)から出場予定。いよいよ新天地での実戦が始まる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年2月16日のニュース