巨人の育成・坂本工 サムスン戦で対外試合初登板、3回を1安打1失点と結果出す

[ 2019年2月16日 18:29 ]

<巨人・サムスン練習試合>小林(左)に声をかけられながらベンチに戻る坂本工(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の育成・坂本工が韓国サムスンとの対外試合に初登板。1軍の対外試合には初登板となったが、3回を1安打1失点と結果を出した。

 それでも「常に0点を目指しているので、1失点がすごく悔しいです」と失点に目を向けた。6回から3番手で登板し、2番からの上位打線を三者凡退。だが、7回に先頭打者にソロアーチを打たれた。育成選手ではただ一人、沖縄2次キャンプに抜てきされ、支配下登録を目指している。宮本投手総合コーチは「今日の投手陣はすべてパーフェクトだった」と坂本工だけでなく、ヤングマン、今村、鍬原を含めた4投手を評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月16日のニュース