牧田2年目キャンプスタート 今季は「日本でやっていたスタイル出す」

[ 2019年2月16日 02:30 ]

パドレス・春季キャンプ ( 2019年2月14日 )

キャンプ初日、笑顔を見せるパドレスとマイナー契約の牧田
Photo By 共同

 パドレスマイナー契約の牧田が、2年目のキャンプ初日を招待選手として迎えた。昨季は27試合で防御率5・40に終わった右腕は、雨で短縮された全体練習を終え「はい上がる気持ちを持ってやっていきたい」と語った。

 オフに日本時代の映像を見返し、遠慮して捕手のサインに首を振らなかったことなどを反省し「日本でやっていたスタイルを出していけたら」。サンディエゴで行った自主トレでは約2週間、ほぼ毎日ブルペン入り。「結果が全て」とオープン戦でのアピールを誓った。 (ピオリア)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月16日のニュース