渡辺元智氏 楽天ルーキーの孫・佳明の“1号”に「びっくり」

[ 2019年2月16日 21:04 ]

<練習試合楽・ロ>6回1死 渡辺佳は右越えソロを放つ(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 楽天の渡辺佳明内野手の祖父で横浜高の渡辺元智前監督は、動画でアーチを見届け「びっくりした。うまく対応していましたね」と目を細めた。

 学生時代から人一倍熱心に練習するタイプの佳明。バットコントロールに定評があり、実績も申し分ない。明大時代は1年からリーグ戦に出場し、3、4年では日の丸も背負った。真骨頂は昨年。ドラフトを見据える1年を前に遊撃に転向しながら、春秋連続でベストナインを受賞したのだ。祖父とともに指導した横浜高の小倉清一郎前部長も「もともと送球はいい」と評しており、通算4度のベストナインも納得だった。コンバートがありながらも首位打者を獲得し、普段の練習の積み重ねが生んだ実績だったと言える。

 プロで輝きを放った孫の姿に「(プロで)もっと苦しむかと思ったが、何か持ってるんですかね。ちょっと恐ろしい。もう僕の域からは離れましたから。良い仲間、良い環境に恵まれたおかげ」と成長を喜んだ。

 「良いスタートを切れたが、これからが本番。チャンスをものにしていってほしい」とエールを送った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年2月16日のニュース