【キャンプ隠しマイク】ヤクルト・スアレス 肉がエネルギー源「体重はナイショだ」

[ 2019年2月16日 09:00 ]

ランニング中、ド派手におどけるヤクルト助っ人投手陣。(左から)ハフ、スアレス、ブキャナン、マクガフ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ◎日本ハム・杉谷は、一度は練習場に向かうも宿舎にUターンしてきて待ち受ける報道陣に一言。「Hey guys!(やあ、みんな)ベルトを忘れた」

 ◎ソフトバンク・森ヘッドコーチは、前日の練習で右太腿裏を負傷した柳田が軽症だった報告を受け「開幕前の春休みくらいで本当に良かったよ」。

 ◎ヤクルト・スアレスはステーキ店で500グラムの肉をぺろりと平らげ、「肉は俺のエネルギーの源。だけど体重はナイショだ」。その食欲なら1、2キロは毎日増減しそうです。

 ◎左から右へ強風の吹いていた具志川球場で打撃練習をしていたロッテ・田村は「今日は、170メートル飛ばさんと入らへんな!」。自慢のフルスイング見せてください。

 ◎DeNA・ラミレス監督は早出で行われた筒香VS三浦投手コーチの対決をミーティングのため見られず「どんなだったか、皆さん教えてください」。指揮官も興味津々です。

 ◎16日、2軍の韓国・ハンファとの練習試合に参加する中日・木下拓は「韓国語、覚えてきます!」。異文化交流、楽しみにしています。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月16日のニュース