日本ハム レアード、16試合ぶり特大2ラン「やっと出た」スシポーズにご満悦

[ 2018年4月29日 15:34 ]

パ・リーグ   日本ハム―ロッテ ( 2018年4月29日    ZOZOマリン )

<ロ・日>3回1死一塁、レアードは左越え2ランを放ちカメラに向かって「スシポーズ」
Photo By スポニチ

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が、3回に4号2ランを放った。

 3―1の3回1死一塁。酒居の高めに浮いた直球を振り抜くと、打球は左翼席上段まで達した。7日のロッテ戦(東京ドーム)以来、16試合ぶりの一発。お決まりの「スシポーズ」にも力が入り「いいタイミングで追加点が取れてよかった。やっと出たね。久しぶりにスシポーズができてよかったよ」とご満悦だった。

 5連勝中の日本ハム打線は初回に中田とアルシアの連続適時打で先制。2回にも大田に適時打と打線が好調で、酒居を3回でマウンドから引きずり下ろした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月29日のニュース