中日・藤嶋 初登板零封「次につながる投球ができた」

[ 2018年4月29日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1―6DeNA ( 2018年4月28日    ナゴヤD )

<中・D>9回にプロ初登板した藤嶋は1イニングを無失点に抑える
Photo By スポニチ

 16年ドラフト5位の中日・藤嶋が9回、1軍昇格即プロ初登板した。東邦で甲子園を沸かせた右腕は、142キロ直球で神里から見逃し三振を奪うなど1回を無安打無失点。

 「次につながる投球ができた」と口にした。DeNAに対しては球団ワーストに並ぶ開幕4連敗。今季最多の借金5を抱えた中での明るい材料に、森監督は「次は2、3回行ったり、大事なところで登板というのもあるかもしれない」と期待を寄せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月29日のニュース