清宮 3試合連続安打、初回に右前打 一打逆転の場面で最終打席は不発

[ 2018年4月29日 17:33 ]

イースタン・リーグ   日本ハム―DeNA ( 2018年4月29日    平塚 )

<D・日>1回2死、右前打を放つ清宮
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)は29日、イースタン・リーグ、DeNA戦(平塚)に「3番・一塁」で先発出場し、初回に3試合連続安打となる右前打を放つなど、5打数1安打だった。

 初回に右腕・平良の137キロ速球を右前打。その後は、一ゴロ、投ゴロ、二飛に倒れ、2点を追う9回は2死二、三塁と一発が出れば逆転の場面だったが、右腕・須田の140キロ直球に空振り三振。外角低めの厳しい球でバットを振ることなく追い込まれた打席について「いい球だったのは違いないけど、もう少し仕掛けてもよかった。また明日も試合があるので切り替えてやりたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月29日のニュース