西武 栗山が通算308二塁打、石毛に並ぶ球団最多「不思議な感じ。でもうれしい」

[ 2018年4月29日 19:51 ]

パ・リーグ   西武16―4楽天 ( 2018年4月29日    メットライフD )

<西・楽>3回無死、右翼線を破る二塁打を放つ栗山
Photo By スポニチ

 西武・栗山が偉大な先輩に肩を並べた。楽天戦の2点を追う3回、先頭打者で右翼線二塁打。これで通算308二塁打とし、石毛宏典に並ぶ球団最多タイ記録となった。

 「記録は知っていた。偉大な先輩なので(並んだのは)不思議な感じ。でもうれしいです」。チームはそこから同点となり、終わってみれば打線爆発で大勝。辻監督も「同点のきっかけは栗山。いい仕事をしてくれた」と称えた。

 「自分は長距離を打つ打者じゃない。入団した時から、外野の間を抜く打球が打てるよう練習してきた」と栗山。強い打球をライナーで。ベテランは「その積み重ねだと思う」と話した。試合後はすぐさま室内練習場に足を運び、黙々とバットを振るベテランの姿があった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年4月29日のニュース