亀井続いた!逆転V打も「阿部さんが1本出たことに僕もうれしいです」

[ 2018年4月29日 18:42 ]

セ・リーグ   巨人11―8ヤクルト ( 2018年4月29日    東京D )

<巨・ヤ>7回2死二、三塁 代打・亀井は勝ち越しの適時二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 巨人の亀井が今季初安打の阿部に続いてお立ち台に上がった。

 7回、代打・阿部の右前2点適時打で同点とし、さらに2死二、三塁としてから高橋監督は代打・亀井のコール。見事に指揮官の期待に応え、逆転の中越え2点適時二塁打を放った。

 「阿部さんが1本出たことに僕もうれしいです」と自分のことよりまずは39歳阿部の今季初安打に触れた35歳の亀井。「阿部さんがね、同点(打を)打ってくれたんでね、楽な気持ちではなかったですが、何とか1本打ちたいなと思って打席に立ちました」と振り返り、チームの7連勝に「最初ね、本当に皆苦しんだんで、ここにきてね、勢い出て来たんで、いい雰囲気で野球やれてますし、ベテランも負けてらんないなと思ってます、はい」と充実感を漂わせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月29日のニュース