同じ病気の人に勇気を HANZOが国歌独唱「全て出し切った」

[ 2018年4月29日 14:00 ]

パ・リーグ   オリックス―ソフトバンク ( 2018年4月29日    京セラD )

<オ・ソ>国歌を独唱するHANZO
Photo By スポニチ

 シンガーソングライターのHANZOが29日、オリックス―ソフトバンク戦(京セラドーム)で国歌独唱を務めた。球場では自身初の国歌独唱に「独特な残響音が気持ちよかったです。全て、出し切りました」とさわやかな笑顔だった。

 30代の時、1型糖尿病を発症。入退院を繰り返し、今でも1日4回のインスリン投与などが欠かせない。自身の経験をもとに、同じ病気を患う人に希望、勇気を与えたいと夢だった歌手の道へと進んだ。「球場で国歌独唱をさせて頂くのは、歌手としての一つのステータス。応援して下さるファンの方達と、これからも一つずつステップアップしていきたい」とかみしめるように話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月29日のニュース