ヤクルト小川監督 菅野にお手上げ「完璧にやられた」

[ 2018年4月29日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト0―3巨人 ( 2018年4月28日    東京D )

<巨・ヤ>渋い表情の宮本ヘッド(左)と小川監督
Photo By スポニチ

 ヤクルトは菅野の前に打線が沈黙し、今季2度目の零敗を喫した。6日の前回対戦では7安打を浴びせて5点を奪ったが、この日は一転、制球の安定する右腕に2安打に封じ込められた。

 山田哲が「甘い球はあったけど、仕留められなかった」と悔しがれば、青木も「捉えられなかった」。小川監督も「今日はもう完璧にやられた」とお手上げだった。

 ▼ヤクルト・ブキャナン(7回2失点で今季初黒星)初回はカーブが高めに浮いたところを打たれてしまった。ボールが先行してしまった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年4月29日のニュース