日大三 3年ぶりV、国士舘に快勝 春季高校野球東京都大会

[ 2018年4月29日 17:21 ]

春季高校野球春季東京都大会決勝   日大三6―0国士舘 ( 2018年4月29日    神宮第二 )

 日大三が国士舘に快勝し、3年ぶり14度目の優勝を果たした。

 先発を託された2年生右腕の広沢優投手が5回無失点、2番手の河村唯人投手(3年)も4回無失点と完封リレー。打線も、国士舘の草薙柊太投手(3年)、井田尚吾投手(3年)、石井崚太投手(3年)の好左腕トリオに2発10安打を浴びせた。

 小倉全由(まさよし)監督は「広沢が良く投げた。これから力をつけてきたら楽しみな投手。決勝でやれたのは自信になったと思う」と振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月29日のニュース