広島 菊池が逆転2点打「必死でいきました」、連日の貴重な一打

[ 2018年4月29日 15:11 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2018年4月29日    マツダ )

<広・神> 5回2死満塁、菊池は左前に逆転の2点適時打を放つ(投手・能見)
Photo By スポニチ

 広島・菊池涼介内野手(28)は、0―1の5回2死満塁で阪神先発・能見から左前2点適時打を放ち逆転に成功した。

 「とにかく必死でいきました。良い反応で打てましたね」

 前日28日同戦では、6回1死一塁で阪神2番手・岩崎から決勝打となる左中間への適時二塁打を放った。勝負強さはこの日も変わらず、ここまで能見から得点できずにいた打線に活を入れる一撃となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月29日のニュース