楽天・則本 悔やまれる7回「勝てたかもしれない」

[ 2018年4月29日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3―7西武 ( 2018年4月28日    メットライフD )

<西・楽>7回1死三塁、秋山に適時三塁打を浴び天を仰ぐ則本
Photo By スポニチ

 楽天・則本は6回1/3を6失点でエース対決に敗れた。初回に2点を先制されると、7回に1死一、三塁から浅村に中越えに3ランを浴びるなど4失点。

 「あの回(7回)を抑えていたら勝てたかもしれない」と言葉少なだった。これで、西武・菊池との“直接対決”は今季2戦2敗で、通算でも2勝3敗となった。チームも菊池相手に16年5月25日から13連敗。梨田監督は「(則本は)2回以降は持ち直したと思ったけど。2点のままで終わってくれればと思ったが」と厳しい表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月29日のニュース