PR:

法大 泥沼の4連敗、歯車かみ合わず 青木監督「1点が重い」

東京六大学野球春季リーグ戦第3週第2日   2回戦 法大4―5慶大 ( 2018年4月29日    神宮 )

 1分けを挟んで4連敗。勝ち点どころか白星のない法大は歯車がかみ合わないまま試合を終えた。

 初回に相手のミスもあって2点を先制。ところがその裏、郡司のフライを外野手が見失うミス(記録は三塁打)もあって同点に追いつかれた。6回には新人三浦銀二(福大大濠)を2番手に起用すれば3連打などで手痛い2失点。8回に2点を返し9回も先頭の相場優人(3年、健大高崎)が二塁打を放ち、1死三塁の場面を作りながら後続が凡退。1点が届かなかった。

 試合後、青木久典監督は「1点が重いですね」と淡々と話した。打順を組み替え、代打や早めの継投など手を尽くすが流れは変わらなかった。

 「ミスが出て追いつかれ、(新人の)三浦はちょっと厳しかったかな。9回も同点にならない。あれが今の現状。考えます」と厳しい表情で引き揚げた。

[ 2018年4月29日 18:06 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月24日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム