韓国出身選手も南北会談を歓迎「非常にうれしい」「鳥肌が立つ」

[ 2018年4月29日 05:30 ]

レンジャーズの秋信守(AP)
Photo By AP

 南北首脳会談を受けて27日、大リーグの韓国出身選手からも歓迎の声が上がった。今季3勝無敗で、メジャー通算36勝25敗のドジャースの柳賢振(リュ・ヒョンジン)は「他の韓国国民と同じく非常にうれしかったし、いい方向に進む一歩になると思う」と期待した。

 メジャー通算173本塁打のレンジャーズの秋信守(チュ・シンス)は、地元紙ダラス・モーニング・ニューズ(電子版)の取材に応じ「鳥肌が立つ。本当にいいことだし、わくわくする」と思いを口にした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年4月29日のニュース