ハム近藤 右足違和感…3回守備で交代 栗山監督心配そう

[ 2018年4月29日 05:36 ]

パ・リーグ   日本ハム5―2ロッテ ( 2018年4月28日    ZOZOマリン )

<ロ・日>2回2死一、二塁、藤岡裕の左前打を本塁へ送球する近藤。右足に違和感を覚え3回に途中交代
Photo By スポニチ

 日本ハムの近藤健介捕手(24)が28日のロッテ4回戦(ZOZOマリン)で右足の違和感のため3回の守備から退いた。

 「3番・左翼」で先発出場し、2回の守備の際に違和感を訴えた。アイシング治療を行い、都内の病院で精密検査を受けた。ここまで全23試合に先発出場して、打率はリーグトップの・392。栗山監督も「確認する。大事な選手。ずっと試合に出続けるためだから」と心配そうに話した。29日以降は診断を踏まえ判断する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月29日のニュース