ハム大田2打席連発 絶好調!直近6戦5発、5連勝導いた

[ 2018年4月29日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム5―2ロッテ ( 2018年4月28日    ZOZOマリン )

<ロ・日>3回1死一塁、大田は左越え2ランを放つ
Photo By スポニチ

 攻撃的2番が5連勝に導いた。日本ハム・大田が2打席連発。「まだまだシーズンは長い。これで終わらないように、練習してやっていきたい」と静かに喜びをかみしめた。

 まずは初回1死。唐川のカットボールを左翼席へ運ぶ先制ソロ。さらに1―2と逆転された直後の3回1死一塁では、低めのカーブに体勢を崩されながら左翼席に運んだ。いずれも追い込まれていたが「食らいついて塁に出ようという気持ち」という一振りが最高の結果を呼んだ。これで中田に並びチームトップの6号となった。

 24日のオリックス戦で今季初めて2番に座り、この日で4試合連続。「経験がない」という打順だが「長距離を打てる中でチームバッティングができることを求められていると思う」と自分らしさを失うことはない。最近6試合で5発。「タイミングよくバットが振れているし角度がついた打球が出ている」と手応えを感じている。

 「チームの状態が凄くいい」と頬を緩めた大田。チームは今季2度目の5連勝。3・5ゲーム差の首位・西武の背中を追いかける。 (町田 利衣)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年4月29日のニュース